2010年03月31日

悪質ファンドを徹底摘発へ 警視庁が集中取締本部を設置(産経新聞)

 「元本保証」「高配当」などをうたってファンドへの投資名目で金を集める「資産形成事犯」の被害が増加しているとして、警視庁は30日、「資産形成事犯集中取締本部」(本部長・山下史雄生活安全部長)を設置した。160人体制で悪質ファンドの取り締まりを強化する。

 警視庁生活経済課によると、警視庁に寄せられた投資に関する相談は19年が232件、20年が218件だったのに対し、21年は372件まで増加。今年2月末現在でも75件に上る。

 また、昨年全国で摘発された資産形成事犯の被害者数は約5万4千人、被害総額は約1654億2千万円で、同年の振り込め詐欺の被害者数7156人、被害総額約95億8千万円を大きく上回った。

 同本部は、悪質ファンドの関係先や被害者が多い埼玉、千葉、大阪、愛知などの他府県警や、警視庁の各警察署から新たに100人の捜査員を集め、計160人が専従捜査にあたる。

 30日に行われた同本部の発足式では、山下本部長が「商取引に不慣れな高齢者を狙った悪質な事件が相次いでいる。悪質業者の多くは東京など首都圏を中心に活動しており、警視庁の責任は重い」と呼びかけた。

【関連記事】
投資家の夢乗せた“お宝沈没船”ファンド座礁 業務停止命令で事業の行方は?
悪質ファンド対応でチーム結成 警察と金融庁、証券取引監視委
金融商品取引法改正案を閣議決定 投資家保護へ規制強化
トランス事件 架空増資で元役員を逮捕
19億円脱税容疑で公認会計士を起訴 GWG脱税事件

EPA看護師 国家試験に3人が合格 狭き門に批判も(毎日新聞)
東武ワールドスクウェア ミニでものっぽ「スカイツリー」(毎日新聞)
<京都知事選>告示 新人、現職の2氏が立候補(毎日新聞)
「国民の社会常識反映」=裁判員判決、被告の控訴棄却−大阪高裁
普天間、調整難航は確実=岡田外相が28日に訪米(時事通信)
posted by コガ ケイジ at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。